むぎかじ日記

ノーフォークテリア むぎ&ゆずとの ワンダフルライフ。

ルンルンゆず

XE1P8503.jpg

花散歩


茶犬達と朝のご近所散歩。

庭先や畑には色々な花が咲いています。

茶犬達と一回りして家に戻り
リードをカメラに持ち替えて
もう一度回ってみました。

XE1P8452.jpg

XE1P8461.jpg

XE1P8462.jpg

XE1P8468.jpg

XE1P8470.jpg

XE1P8477.jpg

XE1P8479.jpg

「ただいま」

XE1P8482.jpg

お盆


お盆で実家に里帰り。

福岡へのお土産を買いに久しぶりに佐世保駅に寄ってみました。

松浦鉄道のプラットフォームに上がってみると
ちょうど松浦鉄道の車両が止まっていたのでパシャリ!

いつか糸島から筑肥線と松浦鉄道を使って里帰りしてみたいなぁ。

XE1P8406.jpg

XE1P8396.jpg

XE1P8405.jpg

XE1P8364.jpg

土の恵み、海の恵み


今日の朝の散歩は糸島峠の入り口にある川原の集落へ。

XE1P8345.jpg

里山の路地を登って行くと竹林のトンネルがあり
爽やかな風が吹き抜けています。

XE1P8320.jpg

XE1P8327.jpg

XE1P8336.jpg

夏の朝日を浴びた稲が煌めいています。

XE1P8339.jpg

XE1P8341.jpg

ここ川原に来たのはもう一つのお楽しみが♪

集落の近くにある直売所「川原やま里の市」です。

XE1P8344.jpg

毎週日曜日、地元の採れたての野菜が販売されています。

XE1P8348.jpg

今回初めて開店時間の7時に着いたのですが
駐車場は満杯に近い状態で大人気のお店でした。

先に茶犬達の散歩に行き、1時間ほどして
戻って来た時には野菜がかなり減っていました。

平台の上に並べられただけの素朴な市場ですが
どれも新鮮でボリューム満点、手頃なお値段なので
たくさん買い込んでしまいます。

XE1P8346.jpg

↓写真はごく一部です。

XE1P8356.jpg

お店の横には脊振山系の地下水を汲み上げた蛇口があり、
買い物をされた方は無料だそうで、
我が家もタンクを持参して水をいただきました。

XE1P8350.jpg

土の幸の買い物が終わったのが午前8時。

この時間なら海の幸も買いに行こうと言う事で
向かったのは志摩町にある「JF糸島 志摩の四季」。

「JA」ではなく「JF」Japan Fisheries cooperative
糸島漁業協同組合が運営する水産物を主とする市場です。

XE1P8351.jpg

こちらも朝8時半の開店から大盛況の市場で
昼前に行っても魚は殆ど無くなっています。

今回は8時30分過ぎに着いたのでよりどりみどりでした。

XE1P8353.jpg

XE1P8354.jpg

妻がサザエを壷煮にしてみましたが、これはおいしい!
肝が苦手な私ですが、壷煮だと食べられました。

XE1P8358.jpg

XE1P8359.jpg

イサキの刺身も脂がのっていてお酒が更に旨い。

XE1P8360.jpg


土の幸、海の幸を手にする事が出来た朝散歩+産直巡りでした。

夏朝せせらぎ


今日は朝から川遊びにお出掛です。

訪れたのは福岡市早良区の椎原。

福岡県と佐賀県の境にある脊振山に向かう
林道・登山道の近くを流れている椎原川には
林道から降りて川遊びが出来るところがいくつかあるのです。

XE1P8225.jpg


まずは朝散歩で林道を登って行きます。

XE1P8227.jpg

午前8時、すでに陽が昇っていますが
杉木立に遮られた林道は日陰になっていてとっても涼しい。

XE1P8231.jpg


30分ほど登ったところで折り返し
登り始めた場所の近くの渓流に降りていきました。

XE1P8239.jpg


ゆずは早速、パシャパシャと渓流に入って行きますが、
むぎは入ろうとしません。

XE1P8243.jpg

もともとむぎは濡れるのが嫌いなのですが
ここに来る途中、渓流に降りて覗いていたら
足を滑らせてドボンと落ちてしまったのです。

びっくりして固まってしまい、妻に助け上げられた後は
林道を引き返して帰ろうとしていました。

そのせいかもしれません。

抱っこして浅瀬に降ろしても、すぐに岩場に登ろうとします。

XE1P8248.jpg

ゆずは楽しそうに浅瀬を歩き回ります。

XE1P8255.jpg

おもちゃを流してみましたが、捕りそうで捕りませんでした。

XE1P8261.jpg

一刻も早くここを抜け出したいむぎです。



流れて来る葉っぱなど、色んなものに興味津々なゆずです。

XE1P8280.jpg

ゆずも岩場から滑って深いところに落ちたので、
これを機に泳ぐかなと期待したのですが、
「助けて!助けて!」と必死に登ってきました。

XE1P8283.jpg

爽やかな川風とせせらぎ。

素敵な夏の朝ですが、

この方だけは「早く帰りたい」と訴えてました。

XE1P8291.jpg


でも、むぎ、また、来ようね♪