むぎかじ日記

ノーフォークテリア むぎ&ゆずとの ワンダフルライフ。

安蔵里かふぇ


伊都安蔵里の「安蔵里カフェ」。
お店の前にテラス席が出来ていました。
尋ねてみると「ワンコOK」だったので
さっそく、むぎとゆずを連れてきました。

木漏れ日の下、爽やかな春風に吹かれて
座っているとキャンプ気分です♪
椅子もモンベルだし。

XE1P7161.jpg

XE1P7166.jpg

XE1P7164.jpg

頼んだのはグリーンカレーと安蔵里バーガー。

どちらもなかなか美味しい。

テラス席での食事はテイクアウト用の食器なのが
ちょっと残念。

XE1P7170.jpg

XE1P7168.jpg


食事の後はお店のある糸島市川付を散歩。

XE1P7178.jpg

XE1P7179.jpg

宇美八幡宮の参道横の藤棚がとっても綺麗!

XE1P7181.jpg

畑にはヤギがのんびりと横になってます。

XE1P7192.jpg

今日は空気が澄んでいて遠くの脊振山系の山々も
クリアに見えます。

のどかな里山散策となりました。

XE1P7193.jpg

NFTわらわらデー


今日は「ノーフォークわらわらデー」です。

リンク先のあずきちゃんご一家と、
バンバン君ご一家、そして我が家が、
お里「ドッグハウスすえなが」さんに集合です♪

お里に着いたら、先に来ていたあずきちゃんが
先輩ノーフォクテリアさん達の写真に見入ってました。

XE1P7088.jpg

むぎはあずきちゃんのママに寄り添ってご機嫌です。

XE1P7094 2

妹あずきちゃん、弟バンバン君にクンクンされている
ゆずは偽妊娠中のせいかいつにも増して甘えっ子になってます。

XE1P7100.jpg

プーチパニックの看板犬チョビちゃんは
13歳とは思えない元気ワンです。

XE1P7105.jpg

ブリーダーさんが赤ちゃんワンコを抱っこして来られました。

XE1P7110.jpg

あまりの可愛さに、我々、全員、悩殺されました!

XE1P7112.jpg

弟ですが河童犬の師匠バンバン君と、あずきちゃんのツーショット。

XE1P7115.jpg

皆ワンでわらわらしていたら、サプライズが!

プードルのフェィちゃん(名前が間違っているかもしれません)と
ノーフォークテリアのポポちゃんを連れた
Fさんがご参加されました。

Fさんはいつも私たちのブログをみてらっしゃるそうで
今回の集まりを知り、会いに来てくださいました。

XE1P7121 2

フェィちゃんはワンコが苦手で、Fさんの傍を離れ無かったのですが
そのうち慣れて来てワン達の中に入ってきました。

8ヶ月になるポポちゃんは、とっても人懐こく、犬懐こく元気一杯!

XE1P7128.jpg


XE1P7143.jpg

外にいるお姉さんが気になって仕方がない3ワン達。

お尻が可愛い♪

XE1P7132.jpg

チョビちゃん、バンバン君はお母さんの元で
くつろぎモード。

XE1P7136 2

お父さんワンが同じリトル君の
3姉弟のスリーショット♪

XE1P7150.jpg

この後、糸島のお気に入りの和食のお店「旨海寿(しみず)」で
父兄会が盛り上がり!

IMG_9761.jpg

IMG_9762.jpg

IMG_9764.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますね。


次回は湯布院の宿に集合と言うプランが
提案されています。

いいですねぇ♪

御船山楽園


今日は佐賀県武雄市にある「御船山楽園」に行ってきました。

ここは第28代の武雄領主、鍋島茂義が3年の歳月をかけて
1845年に完成させた回遊式庭園です。

XE1P6942.jpg

ワンコOKなのが嬉しい♪

約15万坪の敷地(東京ドーム10個分)の庭園では
四季折々の花が楽しめます。

入り口を入ると新緑が眩しい。

XE1P6946.jpg

XE1P6956.jpg

更に昇って行くと偉容を誇る
推定樹齢200年の大ツツジが
出迎えてくれます。

XE1P6962.jpg

その先の御船山の断崖の麓には
綺麗に剪定された色とりどりの
ツツジの絨毯が広がっています。

XE1P6964.jpg

XE1P6972.jpg

XE1P6978.jpg

XE1P6981.jpg

XE1P6992.jpg

春を満喫した庭園散策でした。

XE1P6995.jpg

むぎ色


この時季、糸島では麦が青々と輝いています。

来月になると、この麦がノーフォークテリア色になります。

XE1P6913.jpg

海辺のビストロ


以前、ランチを食べようと訪れたところ
すでに売り切れで残念な思いをしたお店に
今日はちゃんと予約を入れて行ってきました。

糸島市志摩桜井大口の
「Bistro&Cafe TIME (ビストロカフェ タイム)」。

XE1P6847.jpg

お店の入り口のところで
看板犬のアルフレッド君がお出迎えしてくれます。

XE1P6845.jpg

テラス席はワンコOKのお店です。

XE1P6843.jpg

この日は快晴で、空気も澄んでいて
広がる海と空が煌めくブルー。
波の音が心地よい。

XE1P6849.jpg

糸島には海の見えるレストランやカフェは
沢山ありますが、このお店は群を抜くロケーションです。

XE1P6854.jpg

XE1P6855.jpg

出て来た料理は、複雑な味の絡み合いが
舌を唸らせる素晴らしいものでした。

XE1P6858.jpg

XE1P6857.jpg

XE1P6864.jpg

XE1P6877.jpg

XE1P6878.jpg

XE1P6879.jpg

XE1P6881.jpg

茶犬達はテーブルの下でおりこうさん。

XE1P6883.jpg

フレンチプレスに付いて来る砂時計がおしゃれですね。

XE1P6885.jpg

食事の後はお店の前の大口海岸を散歩。

春の海風が爽やかでした。

XE1P6890.jpg

鹿島旅


今日のお出かけは、佐賀県鹿島市のJR長崎線の肥前浜駅前に位置する
古い町並みが残る「肥前浜宿」です。

江戸時代に長崎街道の脇街道「多良海道」の宿場町として、
そして有明海に面した港町として栄えた町です。

そのなかの『浜中町八本木宿』地区は、
豊かな水と佐賀平野の米の恵みで昔から酒造りが盛んで、
今でも白壁土蔵造りの酒蔵が軒を連ね『酒蔵通り』と呼ばれています。

XE1P6747.jpg

平成18年に重要伝統的建造物群保存地区に選定されて
損傷が激しかった建物は修復されて風情のある町並みが続いています。

人影は少なく、ひっそりとした町中ですが
白壁の蔵が続き往年の賑わいを偲ばせます。

この通りで現在もお酒を造っている酒蔵は2軒のみです。
この光武酒造さんはその一つ。

XE1P6743.jpg

XE1P6746.jpg

「インターナショナル・ワイン・チャレンジ (IWC) 2011」で、
日本酒部門の最優秀賞「チャンピオン・サケ」に選ばれた
「鍋島 大吟醸」の蔵元「富久千代酒」は
この通りから少し離れた場所にあり、この日は休みでした。

中島酒造場さんの建物は明治18年の建築だそうです。
国の登録有形文化財です。

今では酒造りはされてなくて
唐津市にある鳴滝酒造のお酒を販売されていました。

私は運転担当なので、妻が試飲します。
ここで試飲したお酒が美味で2本購入となりました。

XE1P6752.jpg

町中を流れる小さな水路がいい雰囲気ですね。

XE1P6764.jpg

XE1P6756.jpg

以前は郵便局だった建物は公民館として使われています。

XE1P6760.jpg


次に訪れた飯森酒造さんも酒造りはやめてあり、
かす漬けと佐賀の地酒の販売をされていました。

XE1P6763.jpg

XE1P6766.jpg

XE1P6767.jpg

こちらで試飲した微発泡酒「天山」もお買い上げです。

XE1P6769.jpg

こちらの建物も国の登録有形文化財でした。

XE1P6784.jpg

通りの横に延びる路地が似合う茶犬たちです。

XE1P6773.jpg

XE1P6780.jpg

肥前浜宿の散策の後は、日本三大稲荷の一つ「祐徳稲荷神社」を訪れました。

XE1P6825.jpg

まずは御神楽殿でお参り。

総漆塗極彩色の社殿です。

XE1P6796.jpg

本殿は懸造りの上にあるので階段を昇っていきます。

「懸造り」とは斜面などに建物を建てる際に
床面を柱で支える建築工法で「清水の舞台」が有名です。
現在ここの柱はコンクリート製でした。

XE1P6817.jpg

XE1P6799.jpg

ここから境内が見渡せます。

XE1P6801.jpg

XE1P6803.jpg

この後せっかくここまで来たので昇っていこうと
「奥の院」を目指します。

ところが日頃の運動不足が祟って
急な階段昇りのきつい事、きつい事!

XE1P6808.jpg

途中、へばりながらも何とか山頂の「奥の院」に辿り着きました。

ここからは鹿島市の町並みが見渡せ
その先に有明海が広がっています。

XE1P6814.jpg

XE1P6815.jpg

XE1P6816.jpg


祐徳稲荷神社を出たのは16時半。

今日はたくさん遊んだね.
むぎ、ゆず。

さぁ帰ろう。

XE1P6822-1.jpg


横顔

XE1P6779.jpg