むぎかじ日記

ノーフォークテリア むぎ&ゆずとの ワンダフルライフ。

蔵開き

今日は糸島市の酒蔵「白糸酒造」の
蔵開き「ハネ木まつり」に行ってきました。

創業安政22年(1885年)の酒蔵です。

XE1P5989.jpg

白糸酒造と言えば「ハネ木搾り」で有名です。


「ハネ木搾り」とは長い樫の木に吊るされた
大きな石を操りながら酒袋に詰めたお酒を搾っていく方法です。


この手法は大変な重労働で、かつ機械絞りよりも
出来上がりの量が少なくなるそうですが、
機械式に比べると、もろみを搾りきれないため、

雑味が出にくくまろやかなお酒が出来るという事です。

XE1P5984.jpg



頑に「ハネ木搾り」を守り続けている
こだわりの酒蔵「白糸酒造」です。

XE1P5985.jpg

日本酒の原料になるお米の中で最高級と言われながら
栽培が難しく生産地も少ない「山田錦」ですが、
地形、土壌、気候などに恵まれ、
何よりも生産者の方々の栽培技術により
糸島は山田錦の全国第3位の生産地として名を馳せています。

XE1P5991.jpg

九州では多くの酒蔵に使用され
「使用米 糸島産山田錦」と記載されている
こだわりの日本酒が多いです。

春の訪れとともに様々な新酒が出てきます。
楽しみですね♪

XE1P5992.jpg

おひなさまめぐり


今日は福岡県うきは市吉井町を訪れました。

江戸時代に豊後街道の宿場町として栄えた吉井町には、
現在も白壁作りの商家や屋敷が残っています。

そんな風情ある町並みを、ワン連れでのんびり散策。

XE1P5941.jpg

XE1P5944.jpg

XE1P5948.jpg

XE1P5945.jpg

吉井町ではこの時季、「筑後吉井おひなさまめぐり」が開催されています。

町内の在住者や旧家が所有する江戸時代から現代までの
様々なひな人形が商店や、公共施設、旧家などに
展示されています。

幕末から明治初期に建てられ、その後増築された建物で
うきは市指定文化財となっている「鏡田屋敷」。

XE1P5960.jpg

全ての部屋に古いひな人形から現代のものまで
飾られています。

XE1P5958.jpg

XE1P5953.jpg

初めて見た「箱雛」。

ひな祭りの文化が浸透した江戸時代、
豪華な段飾りのひな人形には手が出せなかった
庶民の為に、現在の福岡県八女市の仏壇屋が
廃材などを使って作ったのが「箱雛」と言われています。

XE1P5957.jpg

屋敷の庭にはすぐ傍を流れる川から水を引き
小さな川が作られています。

XE1P5952.jpg

白壁の「コテ絵」もユニークですね。

XE1P5963.jpg

XE1P5962.jpg

茶犬達は途中、出会ったカメに興味津々。

XE1P5965.jpg

林肥料店には現役で活躍しているオート三輪もありました。

XE1P5969.jpg

こちらにも立派なおひな様が飾られています。

XE1P5966.jpg

白壁造りのパン屋さんを発見!

XE1P5971.jpg

お店の奥にイートインスペスがあったので
ここで遅い昼ご飯。
どのパンも美味しい♪

XE1P5979.jpg

お客さんが引きも切らず詰めかけているのが
分かります。


あいにくの曇り空でしたが、吉井町を堪能しました。

暖かくなったらまた訪れてみたい町です。

XE1P5975.jpg

305係

糸島市を通るJR九州の「筑肥線」に
新しい車両がお目見えしました。
「305係」と言うそうです。

にわか「撮り鉄」になってパシャリ。

クールなイケメンですね。

XE1P5857.jpg

毎日、筑肥線で通勤している妻が
乗ってみたところ、静かでおしゃれで
すごく良かったとの事。

私は車通勤なので普段は乗る機会が無いのですが
改めて乗ってみたいですね♪。

XE1P5878.jpg

XE1P5912.jpg

カルボナーラ


久しぶりにカルボナーラ。

やっぱりベーコンは棒切りじゃないとね!

XE1P5863.jpg

山に海に


残雪を見に山に向かったのですが、
残念ながら雪はありませんでした。

こんな真冬には誰もいないだろうと思って立ち寄ってみた
「白糸の滝」ですが、思いのほか賑わっています。

XE1P5765.jpg

人懐こいむぎは、皆さんに可愛がられてご満悦です。

XE1P5767.jpg

林道をテクテク歩きます。

XE1P5776.jpg

獣臭がするのでしょうか?

むぎが何度も警戒モードで立止ります。

XE1P5781.jpg

山を下ると、夕焼け雲に誘われて、今度は海辺を散策です。

XE1P5796.jpg

残念ながら厚い雲が立ちはだかり、
落陽は望めませんませんでしたが、
寄せ手は返す波が山水画のようで
静かに眺めていました。

XE1P5798.jpg

梅暦

春の足音がそこかしこに

XE1P5758.jpg

ヒッポー製パン所


先日お邪魔した「トラットリア ジロ」で食べた
ワンプレートランチ「仔牛の拗ね肉の煮込み」。

拗ね肉のほろほろ加減に感動したのですが
その横に添えられていたバケットも
とっても美味しくて
お店の方にお尋ねしたら
福岡市西区今宿のパン屋さんのパンと教えて頂きました。

「ヒッポー製パン所」です。

IMG_9212.jpg


香りからして食欲をそそります。

XE1P5724.jpg

ワインがスイスイと進みますね♪

XE1P5723.jpg

すやすや


二段ベッド。

何故か、いつも、むぎが上です。

XE1P5722-2.jpg

買い替え

長年、愛用してきた「グリル鍋」の深鍋のコーティングが
剥がれてきてボロボロになってきました。

部品として売られている「深鍋」を購入しようとネットで調べてみたら、
深鍋の単体と新品の「グリル鍋セット」の価格がほぼ同じ。

だったら新品のセットを買いますよね!

Amazonにオーダーしたら
翌々日に届きました。

XE1P5721.jpg


ベースの赤が、ちょっとおしゃれです。

磐城寿


久しぶりに鈴木酒造店の「磐城寿」を。

「磐城壽 熟成純米 あかがね」

静かにゆるりと旨い♪

XE1P5720.jpg

トラットリア ジロ


今日のお昼ご飯は「テラスはワンコOK!」のお店が
志摩桜井の大口海岸に出来たのを知り、出掛けてきました。

「Bistro & Cafe TIME ビストロカフェタイム」さんです。

このお店、トレラーハウスなんですね。

広々とした素敵なウッドデッキです。

XE1P5663.jpg


到着したのは1時半。

残念ながらランチは売り切れでした。

さて、だったら次はどこに行こうか?と思案していると
すでにやる気満々の我が家の茶犬達です。

お店の方に少しの間車を停めて
周りを散歩してもいいですか?と訊くと
快く承諾して頂きました。


お店の目の前は糸島半島でもとびきりのサーフスポット「大口海岸」です。

喜んで駆け出す、むぎとゆずです。

XE1P5665.jpg

このロケーションだったらランチはあっと言う間に売り切れですよね。

XE1P5666.jpg


次回は予約して訪れましょう。


この近くでワンコと入れるお店は?

ありました♪

糸島市志摩岐志の「トラットリア ジロ」です。

こちらのお店もトレーラーハウスで、テラスはワンコOK。

XE1P5702.jpg

目の前には船越湾の穏やかな海が広がっています。


XE1P5694.jpg

XE1P5691.jpg

オーダーしたのは「仔牛の拗ね肉の煮込み」のワンプレートランチと
「ボンゴレビアンコ」のパスタランチ。

仔牛の拗ね肉は、箸で崩れるほどほろほろです。

XE1P5696.jpg

ボンゴレは乳化したソースとあさりと麺のコラボが絶品でした。

XE1P5698.jpg

XE1P5697.jpg

すっかりお腹が膨れた後は、岐志漁港を散策。

XE1P5707.jpg


XE1P5706.jpg

青空の下、きらめく海に春の足音が聞こえてきました。

XE1P5711.jpg