むぎかじ日記

ノーフォークテリア むぎ&ゆずとの ワンダフルライフ。

こてじゃーな

今日は久しぶりに糸島のドッグカフェ
「こてじゃーな」を訪れました。

糸島に越して来たので
いつでも行けると思っていたら
随分と経っていました。

実に2年7ヶ月振りです。

XE1P5171.jpg

新しいメニューが増えていて
ボリュームたっぷりのハンバーグサンドと
これまたお肉と野菜たっぷりのステーキボウルを注文。

XE1P5151.jpg

XE1P5155.jpg

ワン達には大好きな手作りジャーキーを!

XE1P5148.jpg

XE1P5153.jpg

外は陽射しがあるにも拘らず
可成りの冷え込みで
併設されたドッグランから
早々に引き上げてきました。

XE1P5162.jpg

XE1P5165.jpg



でもこの冬の張りつめた空気は好きですね。

XE1P5176.jpg

繁桝

久しぶりに「繁桝」を買ってきました。

昔からお気に入りの日本酒で、
福岡県八女市の蔵元「高橋商店」の銘柄です。

今回は「特別純米 ひやおろし」

この美味さは格別です♪

XE1P5133.jpg


抜き抜き


久しぶりにブリーダーさんの処で
「抜き抜き」してもらいました。

XE1P5125.jpg

夕方の16時頃になったので、
お店の周りの里山を散歩。

XE1P5092.jpg

XE1P5113.jpg

XE1P5114.jpg

むぎもゆずも一回り小さくなりました。

XE1P5117.jpg

XE1P5126.jpg

有田散策 その2

陶石の採掘場は「泉山磁石場」と呼ばれ
ここで発見された陶石によって日本で最初の
陶磁器が生まれました。

有田焼の歴史が始まった場所で、
国指定の史跡となっています。

山は大きく削られていて、奇観を呈しています。

XE1P4923.jpg

ここの傍にある小山の山道を登っていくと
美しい紅葉の森が迎えてくれました。

XE1P4894.jpg

XE1P4897.jpg

途中、「紅葉をバックに1枚」に挑戦!

今回、むぎは切り株の上にお座りして動く事なく、
カメラ目線も出来ました♪

XE1P4907.jpg

残念ながら、ゆずは切り株から降りてしまうので、
黒子に助けてもらいました。

XE1P4910.jpg

近くにある有田町歴史民族資料館に通じる
小径の紅葉も素晴らしい色付きです。

XE1P4927.jpg

XE1P4930.jpg

XE1P4939.jpg

XE1P4944.jpg

XE1P4948.jpg

再び有田の陶磁器店の並ぶ町に戻り
ウインドーショッピングです。

XE1P4966.jpg


XE1P4968.jpg

XE1P4969.jpg

XE1P4974.jpg

むぎ達の姿を見て「ワンちゃんも、どうぞ!」と
おっしゃるお店もありました。

XE1P4980.jpg

今回、町の一部しか廻っていないので
再び訪れてみたい有田の町です。

XE1P4981.jpg

有田散策

11月23日のお話です。

佐賀県西松浦郡有田町を訪れてみました。

私の実家に帰る途中に有田の町外れを通るのですが
有田の町中を歩いた事がなかったので、
有田散策は今回が初めてです。

有田町と言えば、毎年ゴールデンウィークに開催され、
100万人以上が訪れる「有田陶器市」が有名ですが、
人混みが苦手な我が家は行った事がありません。

今日は、「秋の有田陶磁器まつり」と言う
イベントが開催されていて、
そこそこの人出で賑わっていました。

格調のある古い建物の陶磁器店が軒を連ねる通りは
風情があっていいですね。

XE1P4851.jpg

茶犬達もそれなりに似合っています。

XE1P4853.jpg

裏通りに入ると「トンバイ塀」と呼ばれる塀が続く小径が。

「トンバイ塀」とは窯を造る時に使った耐火煉瓦の廃材や、
陶器片などを赤土で塗固めて造られた塀だそうです。

渋い造りの塀には陶磁器の町の歴史が刻み込まれていますね。

XE1P4861.jpg

トンバイ塀の通りを進んでいくと
泉山弁財天神社に辿り着きました

境内には巨大な銀杏の木がそびえ立っています。
国の天然記念物に指定されている「大公孫樹」です。

狭い境内の中を引いて引いて、やっと撮れました。

XE1P4877.jpg

XE1P4880.jpg

XE1P4890.jpg

この後、江戸時代の初期に発見された
有田焼の原料となる陶石の採掘場の周りの小山に登ったら
眼下に「大公孫樹」が見えて、
改めてその大きさに感動!

XE1P4914.jpg

続く〜