むぎかじ日記

ノーフォークテリア むぎ&ゆずとの ワンダフルライフ。

厳木駅


今回の「江里山」までは、糸島から唐津市、
そして多久市を通り小城市までのコースでした。

唐津からの国道203号には、かなりの部分
JR唐津線の線路が並走します。

途中、JR唐津線の唐津市厳木町にある厳木駅に立ち寄りました。

XE1P3904.jpg

「厳木」と書いて「きゅうらぎ」と呼びます。
読めませんよねぇ。

1898年(明治31年)12月に西唐津駅〜山本駅間が開業した唐津線から
翌年の1899年(明治32年)6月に延伸して開業したのがここ「厳木駅」です。

現在の駅舎は1930年(昭和5年)の建造のようです。

ギャラリーの部分は、増築されたのでしょうか?
壁には厳木出身の画家「中島潔」の絵が描かれています。

XE1P3889.jpg

XE1P3899.jpg

XE1P3895.jpg

XE1P3908.jpg

構内に入ると蒸気機関車に水を補給するための給水塔が建っています。
多くの駅では解体されてしまっている給水塔ですが、
115年前、厳木駅の開業時に造られたここの給水塔は
その原型をとどめています。

XE1P3894.jpg

八角形のレンガ作りの台座とリベット接合のタンクは
工芸品のようですね。

XE1P3894 2

田園風景の中に静かに佇み、この駅の営みを見守ってきた給水塔。
これからもその役目を果たして行くのでしょうね。

XE1P3916.jpg

江里山


この時季、気になるのが「棚田と彼岸花」です。

福岡では、「うきは」や「星野村」が有名ですが
ちょっと遠いので調べてみると、
意外と近くにありました。

佐賀県小城市の「江里山(えりやま)」です。
日本の棚田百選にも選ばれています。
8月の末に訪れた「清水の滝」のすぐ傍でした。

生憎、ピークは過ぎていて、色あせ始めていましたが
それでも秋の風情が広がっています。

XE1P3961.jpg

XE1P3942.jpg

遠くには佐賀平野、その先には有明海が望めます。

XE1P3943.jpg

XE1P3950.jpg

XE1P3952.jpg

XE1P3963.jpg

まだまだ厳しい陽射しでしたが
茶犬達は元気に跳びはねてました♪

XE1P3939.jpg


愛おしい

子育て、まだまだ続いてます。

XE1P3858.jpg

自家製〆鯵


〆鯖も美味しいけど、
〆鯵も行けます。

XE1P3854.jpg

花公園


9月14日のお話です。

9月13日の「ワン連れ旅」は呼子の沖の玄界灘に浮かぶ<島>
「加部島」でしたが、翌日の14日は<山>を目指しました。

向かったのは「くじゅう花公園」。
大分県竹田市久住にあります。

今年の5月に初めて訪れてすっかり気に入った
ワンコも入れる公園です。

11時頃着いたのですが、人気のスポットのようで
すでに駐車場は車で溢れていてかなり奥の方に停めました。

XE1P3676.jpg

9月になったとは言え、まだ陽射しは強いのですが、
標高800mに位置する公園なので
爽やかな風が吹き抜けます。

XE1P3683.jpg

XE1P3691.jpg

春に訪れたときはネモフィラが咲いていた場所は
コスモス畑になっていました。

秋風に可憐に揺れています。

XE1P3700.jpg

この日は空気が澄んでいて、サルビアの花畑のむこうに
くっきりと、「くじゅう連山」の勇姿が望めました。

XE1P3713.jpg

木漏れ日の中を巡る木道が私の一番のお気に入り♪

XE1P3725.jpg

樹々の葉で陽射しも和らぎ、ベンチで暫し休憩です。

XE1P3729.jpg

XE1P3730.jpg

木道を抜けて広場に出ると遠くに
阿蘇五岳の一つ「根子岳」の険しい山頂部の
が霞んでいます。

XE1P3743.jpg

花畑の中の道を歩くと、小さいノーフォークテリアは
すぐに姿が見えなくなってしまいますね。

XE1P3744.jpg

XE1P3764.jpg

XE1P3767.jpg

ハローウィンのクマと並んで記念撮影。

ゆずがカメラ目線してくれませんでした。(´ヘ`;

XE1P3772.jpg

次はいつ来ようか?むぎ、ゆず。

秋刀魚


秋刀魚が美味い!

XE1P3841.jpg

里山散歩

XE1P3827.jpg

赤ちゃん


ゆずに赤ちゃんが生まれた、7匹も!

巣作りをして大事に大事に育ててる。

でも、とっても辛そう。

早く治って欲しい。

偽妊娠。

XE1P3796.jpg


風の見える丘


先週に続いて今週もまた唐津を訪れました。

XE1P3519.jpg

唐津神社でお参りした後は、再び「オデカフェ」でランチ。

XE1P3523.jpg

XE1P3531.jpg

XE1P3539.jpg

今回の目的地は、朝市やイカの活き造りで有名な
佐賀県唐津市呼子町の港の前に浮かぶ小さな島「加部島(かべしま)」です。

以前は離島でしたが、平成元年に島と呼子港を結ぶ
「呼子大橋」が完成し、車で渡れる様になっています。

まずは360°の展望が開ける「風の見える丘公園」の展望台へ。

XE1P3548.jpg

今日はいつものPM2.5が少ないのか
景色がとってもクリアーです。

北側には加部島の耕作地と玄界灘が、
南側には渡って来た呼子大橋、そして呼子の町並みが
西側には玄海原発の施設が見えます。

XE1P3556.jpg

XE1P3549.jpg

XE1P3552.jpg

XE1P3560.jpg

以前は風力発電の白い風車がありましたが、
「風流鯨(かぜながすくじら)」と言う
しゃれた名前のプロペラの風力発電機に変わっていました。

XE1P3557.jpg

パノラマモードで撮ってみました。
最近のカメラは昔と違っていとも簡単にパノラマ写真が撮影出来ます。

XE1P3562.jpg

展望所を後にして次に島の北側に向かいます。
耕作地の中の長い一本道を進んでいくと
広いひまわり畑がありました。
この時季でも「ひまわり」が咲いているんですね!

XE1P3570.jpg

XE1P3571.jpg

更に進むと海に面した放牧場に辿り着きます。

牧場の周りの遊歩道を散策。

XE1P3579.jpg

XE1P3581.jpg

海、空、そして牧草が織成す素晴らしい景色に感動です。

XE1P3589.jpg

以前来た時は牧場を一周出来たのですが
途中にフェンスが出来ていて通れない様になっていました。
「こら〜!ゆず、牧場に入るな!」

XE1P3592.jpg

大好きな牛が気になってしょうがないゆずですが
何と!牛の方からゆずに近づいて来たました♪

目の前に顔を近づけられて緊張していたゆずですが
この後、牛にべろりと一嘗めされてビックリ!

その後、再び牛が近づいて来ると
舐められたのが悔しかったのか分かりませんが
ギャゥって一声吠えてました。

XE1P3598.jpg

島の東側には糸島半島が見えています。

XE1P3605.jpg

加部島を離れて呼子に戻り、呼子大橋の下の
「弁天遊歩橋」を歩いてみました。

XE1P3611.jpg

途中、磯辺に降りられる階段があり
好奇心旺盛な茶犬達はさっさと岩場に向かいます。

海がとっても綺麗で透明度が高いので
小魚や貝や小エビなどの磯の生き物が
蠢いているのが見えるのでゆずは興味津々でした。

XE1P3629.jpg

この場所は強い風が吹いていて
耳があおられて、むぎとゆずは
ノーリッチテリアになっていましたけど。(笑)

XE1P3636.jpg

XE1P3642.jpg

虹の松原


今日は糸島市の西隣の佐賀県唐津市へ。

お昼時だったので,まずは腹ごしらえです。

訪れたのは「テラスはワンコOK」のお店「オデカフェ」に。

XE1P3400.jpg
XE1P3387.jpg
XE1P3392.jpg
XE1P3399.jpg

むぎとゆずはテーブルの下で大人しくしています。

XE1P3401.jpg
さて、食事の後の茶犬達の遊び場は「虹の松原」です。
「虹の松原」は、唐津湾の海岸線に沿って長さ約5㎞に渡り続く松林で、
その数、約100万本と言われています。

XE1P3436.jpg
XE1P3414.jpg
江戸時代初期に、唐津藩主が防風、防砂、防潮林として植林をしたのが始まりで
日本三大松原の一つに数えられています。

XE1P3417.jpg
海風に誘われて海岸まで出てみました。

XE1P3421.jpg
陽射しは強かったのですが、
風のおかげで暑さもやわらぎ、
茶犬達は喜んで渚を駆け回ります。

お気に召してくれたかな?

XE1P3425.jpg
XE1P3427.jpg
XE1P3432.jpg


今夜は妻が飲み会なので一人飯。

今宵の肴は脂の乗った鰯です。

XE1P3373.jpg