むぎかじ日記

ノーフォークテリア むぎ&ゆずとの ワンダフルライフ。

カラスコショット

DSC00854.jpg

DSC00878.jpg

DSC00852.jpg

DSC00881.jpg

ぶらり深江


今日は、むぎゆずを連れて二丈深江の町へ。

まずは深江神社に。
1202年の建立ですが、
建て替えられて間もないのでピカピカです。

DSC00797.jpg

DSC00801.jpg

江戸時代、唐津街道の宿場町として栄えた深江。
今では閑静な住宅街となっていますが、
処々に宿場町の面影を残しています。

DSC00805.jpg

木造のJR筑前深江駅も、レトロな雰囲気を醸し出していますね。

DSC00808.jpg

DSC00816.jpg

DSC00828.jpg


今回、深江の町でぜひ立ち寄りたかったのが
「ミツル醤油醸造」さん。

DSC00813.jpg

DSC00812.jpg

こちらの若き4代目が「仕込みを復活」させて
2011年に初めて仕込んだ醤油が
今年の2月に初搾りされたのです。
その醤油「生成り」を買い求めたかったのです。

ラベルが凛としていていいですね。
文字の色はスミの方が良かったかな。

DSC00837.jpg

まずは刺身に合わせてみました。

クッと来て、じわりと旨味が広がります。
決して出しゃばる事がなく、主役を引き立てる、
それでいて存在感のある名脇役ですね。

DSC00846.jpg

勝利の舞


むぎとゆずに大好きな「豚耳」をあげると、
ゆずは、すぐに安全な場所?に持って行って
かじり始めます。

ところが、むぎは飛んだり跳ねたりして、
なかなか、かじる事をしません。

「豚耳」を攻撃しているようにも見えます。

シッポをブンブン廻しているので
大好きな『豚耳」がもらえて
嬉しすぎるのでしょうか?

「獲物」をゲットして、害獣駆除犬の血が騒ぎ
「勝利の舞」を踊っているのかも?


スローなパシャリ


NEX-6にカラースコパーを着けて、
絞りリングをクリクリ、
フォーカスリングをゆるりと回す。

DSC00653.jpg

DSC00650.jpg

DSC00655.jpg

DSC00666.jpg

DSC00669.jpg

DSC00657.jpg

DSC00672.jpg


ワン達のさりげないシーンも
気負う事なくパシャリ。

これっていいかも♪

DSC00683.jpg

DSC00700.jpg

カラースコパー35mmf2.5C


世の中の数あるレンズの中でも
私が一番気に入っているデザインのレンズが
コシナのカラースコパー35mmf2.5C(Voigtlander COLOR-SKOPAR L-35mmF2,5C)。

Lマウントのレンズなので、装着出来るのはライカなどLマウントのボディ。
そんな高価なカメラを購入する事はできないので、
このレンズを手にする事は諦めていました。

でも最近のミラーレス一眼にはアダプターを
介して装着できるのです♪

もちろんSONY NEX-6でもいけます!

すでに生産中止になっていて、
中古でしか手に入れる事が出来ない
カラースコパー35mmf2.5Cの「美品」をネットで見つけたのです!

迷わずゲットしました。

届いたレンズはどこをどう見てもキズも汚れもないまさに「美品」です。
これはもはや光学製品を越えて工芸品ですね。

2013-12-22__08-27-34.jpg

ピントリングにはレバーが付いていて、これで操作します。
このトルクが絶妙で、マニュアルのピント合わせの楽しみが堪能出来ます♪

2013-12-22__08-28-10.jpg

絞りリングのクリック感も素晴らしいですね。

Lマウント→Mマウントと二つのアダプターで
ソニーのEマウントに装着します。

2013-12-22__08-31-28.jpg

オールドレンズのデザインですが
不思議とソリッドでノーブルなSONY NEX-6に似合いますね。
惚れ惚れします。

2013-12-22__08-36-26.jpg

2013-12-22__08-38-15.jpg

SONY NEX-6にはこのようなマニュアルフォーカスレンズを使う時に
画面内のシャープな部分を色つきで表示して
ピント確認を容易にする「ピーキング」機能と
ボタン一つで拡大が出来る機能があるので
マニュアルレンズのピント合わせも容易に出来ます。

2013-12-22__11-09-28.jpg

2013-12-22__11-09-51.jpg

このレンズはレンジファインダーカメラ用なので、
最短撮影距離が70㎝と長く、被写体に近づけないのが玉に傷。

でもSONY NEX-6なら大丈夫。

「全画素超解像ズーム」があるからです。

これは写真を構成しているすべての画素を解析し、
解像感を保ったまま、約2倍までズームアップする技術です。

このレンズでは焦点距離35mm(35mm焦点距離換算52.5mm)の画角が
70mm(35mm焦点距離換算105mm)の画角になるのです。

単焦点のレンズが2倍のズームレンズのように使えます。

ズームのボタンを押すと液晶モニターとファインダーの中に
ダイヤルのグラフィックが出て来るところが、気に入っています。
こんなところは、さすがソニーですね。

2013-12-22__11-11-37.jpg

露出補正でもグラフィック表示になります。
有機ELの電子ビューファインダーなので、
露出補正の変化はもちろん、フィルターなどの
画像に加えた効果が全てリアルタイムに
反映されるのは、嬉しいですね。

2013-12-22__11-14-11.jpg

夕暮れ散歩



今日の夕方の散歩は加布里漁港にやってきました。

※写真はクリックすると大きくなります。

DSC00532.jpg

港の町並みは細い路地が入り組んでいて
風情がありますね。

DSC00513.jpg

この季節、糸島の各港には「牡蠣小屋」がオープンして
大勢の人で賑わっています。

ここ加布里漁港にも2軒あるようです。

DSC00530.jpg

おいしい匂いにつられてズンズン近づいてゆく
むぎとゆず。

「牡蠣小屋」には焼き台が用意されていて
糸島産の獲れたての牡蠣を購入して
自分たちで焼いて食べるというシステムです。

牡蠣だけでなく、アワビ、サザエ、エビ、イカ、ホタテなども
用意されているお店も多いようです。

実は私たちはまだ行った事がないのですけど。

DSC00525.jpg

防波堤まで行くと夕陽が沈み始め、
素敵な夕暮れ散歩となりました。

DSC00537.jpg

DSC00542.jpg

DSC00550.jpg

DSC00570.jpg

DSC00573.jpg

DSC00584.jpg

DSC00585.jpg

緋扇貝



今年も大分県在住の友人Tさんから
「緋扇貝(ひおうぎがい)」が送られてきました。

DSC00358.jpg

貝殻のポップな色からは想像出来ない
上品な味わいの刺身、

DSC00486.jpg

バターソテーにすると、味にぐっと深みが増します。

DSC00589.jpg


いやはや、お酒が進みますねぇ♪

ありがとうございました、Tさん。

心象

DSC00333.jpg

DSC00345.jpg

DSC00349.jpg

DSC00474.jpg

DSC00598-2.jpg

アダンソニア


本日のお昼は、むぎとゆずを留守番させて、
海辺の小さなレストランAdansonia(アダンソニア)で。

※写真はクリックすると大きくなります。


ある方のブログで紹介されていた魚料理が
とっても美味しそうだったのです。

場所は加布里から深江に向かう202号線沿いにあります。
東の方から来ると看板を見落としてしまうかもしれません。
海岸沿いなので駐車場からは船越湾が一望出来ます。

DSC00438.jpg

DSC00444.jpg

古い民家を改装されたお店は
白を基調とされたレトロモダンな雰囲気。

DSC00436.jpg

DSC00420.jpg

糸島産の食材にこだわりをもたれ
素材本来の味を引き出された、
シンプルな料理が並びます。

DSC00418.jpg

DSC00419.jpg


DSC00421.jpg

DSC00423.jpg

DSC00426.jpg

DSC00431.jpg

DSC00435.jpg

※お店のFacebookはこちら↓

https://www.facebook.com/pages/アダンソニア/170437769796437

アダンソニア

天神ヒカリスクエア


先週の話ですが、ソニーのカメラNEX-6に付属しているストラップが
ごわごわしていて、今ひとつ気に入らなかったので、
天神のビックカメラにストラップを見に行くことに。

お店に近づくと、目の前の警固公園が燦然と輝いています。

そうでした!この時季、警固公園はイルミネーションで飾り付けられるのです。

ビックカメラは後回しにして、公園に入りNEX-6で色々撮ってみました。

NEX-6はチルト可動式液晶モニターなので、
人混みの背後から腕をのばして頭の上にカメラを構えて、
下に向けた液晶画面を見ながら撮影したり、
地面すれすれのアングルで撮ったりと、
いつもとは違う視点での撮影も出来ました。

それにしてもNEX-6、テンポよく撮影出来ますね♪

※写真はクリックすると大きくなります

DSC00151.jpg

DSC00139.jpg

DSC00132.jpg

DSC00140.jpg

DSC00142.jpg

DSC00144.jpg

DSC00145.jpg

DSC00147.jpg

DSC00148.jpg

ピクチャーエフェクト


以前は、写真の編集・加工をするに為には、
Photoshop等のソフトを使って、
それなりの時間をかけないと出来なかったのだけど、
最近のデジカメは、ボタン一つで、
いとも簡単に様々な効果を施した写真が撮れちゃいます。

Sony NEX-6にも「ピクチャーエフェクト」と言う機能があって
その中の一つ「リッチトーンモノクロ」で撮ってみました。

ふむ、これはいいかも。

DSC00337.jpg

NEX-6でパシャリ


クリックすると大きくなります。

DSC00090.jpg

DSC00123.jpg

DSC00137.jpg

DSC00116.jpg

DSC00161.jpg

DSC00179.jpg

DSC00284.jpg

DSC00300.jpg

Indian summer


今日は、むぎとゆずを連れて糸島半島の北側まで。

※写真をクリックすると大きくなります。

DSC00185.jpg

目指したのは、以前から気になっていた「BOSS KENT」。
いつも駐車場は満杯で立ち寄る事が出来なかったのですが、
本日ようやく入る事が出来ました。

DSC00231.jpg

「BOSS KENT」は、糸島の人気スポット「二見ヶ浦」にあるパエリア専門店で
「テラスはワンコOK」のお店です。

DSC00232.jpg

お店からは二見ヶ浦の名所「夫婦岩」が望めます。

DSC00188.jpg

注文したのは妻が「パエリアランチ」、私が「お魚のランチ」。

DSC00198.jpg

DSC00199.jpg

妻のパエリアを一口。

実は私、「パエリア」は、遥か昔に一度だけ食べた事があるのですが、
よく覚えてなくて、今日が人生2度目のパエリアなのです。
「美味っ!いや〜、これは美味いぞ!」

DSC00210.jpg

魚料理もグッドですね。

DSC00213.jpg

むとゆずは、お店ではいつもおりこうさんにしていますが、
今日は待ち時間が長くて、さすがに退屈したようで
「お散歩、まだぁ〜?」になってました。

DSC00204.jpg

「デザートが終わったら行くよ!」。

DSC00224.jpg

DSC00222.jpg

DSC00218.jpg

店を出てから、目の前の二見ヶ浦の海岸を散策。

DSC00235.jpg

小春日和の糸島の冬の海も、なかなか素敵です♪

DSC00239.jpg

DSC00243.jpg

DSC00250.jpg

この後、芥屋まで移動して漁港や集落を巡ります。

DSC00267.jpg

DSC00269.jpg

DSC00280.jpg

DSC00282.jpg

最近、妻がむぎとゆずを名付けました、「農道犬」と。

似合ってるでしょう?

DSC00291.jpg

帰り道、運良く素敵な日の入りに遭遇出来ましたよ。

DSC00295.jpg

今回の写真は、選手交代したお散歩カメラ「SONY NEX-6」で
撮ってます。
このカメラ、すこぶる相性がいいのです♪

IMG_5387.jpg

プチパニレインコート2

今回のレインコートは「ザムザ」と言う
撥水性・透湿性・防水性・保温性・防風性と
ストレッチ性を持ち合わせた多機能なニット生地です。

絹のような風合いで、ものすごく軽く、
ワンコの身体にスムーズにフィットします。

↓引っ張ってみました。

DSC_7043.jpg

DSC_7047.jpg

雨をはじいて中に通さず、
それでいて、衣服内の湿気は外に出す蒸れにくい素材です。

プーチパニックさんの仕様では
メッシュの裏地を付けてあるので更にバッチリですね。

↓水をこぼしてみました。

DSC_7050.jpg

DSC_7052.jpg

好きな色を選んで、ワンコにぴったりの
サイズで作ってもらえるオーダーレインコートです。

ちなみにお値段は1着¥8,000。

本日は午後から志摩中央公園に出掛けました。

向かう途中、雨が降り始めたので
早速、レインコートの出番だ!とむぎとゆずに着せたのですが、
志摩中央公園に近づくと雨が上がっています。

でも、雨上がりだし、せっかくなのでレインコートを着せたまま
散歩する事にしました。

P1050480.jpg

P1050486.jpg

P1050509.jpg

P1050524.jpg

このレインコート、いいですね♪



P1050516.jpg