むぎかじ日記

ノーフォークテリア むぎ&ゆずとの ワンダフルライフ。

4歳

本日11月29日は、ゆずの誕生日です。



4歳になりました。

我が家に来てからあっという間に
身体は大きくなったゆずですが
心は1歳の甘えっ子のまま。

ずっとそのままでいいんだよ、ゆず♪





御船山楽園

連休の初日は私の実家の佐世保に里帰り。
今回は途中、佐賀県武雄市に寄り道です。

目指したのは「御船山楽園」。
ここは第28代の武雄藩主、鍋島茂義が1845年に完成させた庭園です。



ツツジの名所として有名なのは知っていましたが、
この様な「庭園」はワンコはNGと思い込んでいたので
訪れたこともなかったのですが、紅葉が素晴らしいと聞いて、
念のため問い合わせてみると、ワンコも入れるとのことで今回の訪問となりました。







御船山の断崖を背景にして15万坪(東京ドーム10個分)の敷地の中に3年の歳月をかけて作庭されたそうです。





紅葉はすでに散ってしまった樹もありましたが
まだまだ見頃の樹々も多く、その美しさを十分堪能出来ました。



あいにくの曇り空で青空とのコントラストの紅葉写真が撮れなかったのは残念ですが
光が廻って落ち着いた色合いの紅葉もいいものです。













人の多い観光地にむぎとゆずを連れてくることがなかったので
ちょっと心配でしたが、今回は二人ともお利口さんに散策出来たので◎でした♪





小さい文字

歴史の里 曲り田スポーツ公園

ここ糸島市は中国の歴史書「魏志倭人伝」に記されている
「伊都国(いとこく)」の地です。

地理的に中国大陸・朝鮮半島の玄関口の位置にあり、
古くから大陸との交流の地として栄えてきたので
多くの史跡や遺跡が残されています。

今日はその中の一つ「曲り田遺跡」の地に作られた
「歴史の里 曲り田スポーツ公園」に出掛けてみました。



空はどこまでも高く、公園の樹々も秋色に染まっています。





むぎはうさぎのようにぴょんぴょんと
公園の背にある経塚山の方に登って行きます。







高台からは公園内に作られた野球場や二丈町の田園風景が望めます。





小さな山なので竹林の中を通り過ぎると
すぐに田んぼがある平地に降りてきます。





ぐるりと廻って再び公園の入り口まで戻ると
お洒落な掘立柱建物のモニュメントが出迎えてくれます。



公園内には遺跡から出土した甕棺のレプリカや、
二丈町周辺で出土した支石墓(数個の石の上に大石を載せた縄文時代晩期のお墓)が復元されています。









太古のロマンに誘ってくれるなかなか素敵な公園です。