むぎかじ日記

ノーフォークテリア むぎ&ゆずとの ワンダフルライフ。

台風!

台風16号の接近で昨夜から暴風雨!!!
散歩に行けなくて、むぎとゆずは恨めしそうに外を眺めています。



強風で庭木のヤマモミジの枝が1本折れてしまいました。(泣)

昼頃から風も弱まり、夕方になって雨が上がったのでようやく散歩に。
青空が広がり始めました。








久しぶりに虹。

思わず「over the rainbow」を口ずさんでしまいました。



昨日行った「糸島クラフトフェス」は16・17・18日の3日間のイベントでしたが、
17日は台風のせいで中止になりました。

屋外でのイベントなので仕方がないですよね。

手前にあるのが今回「糸島クラフトフェス」で買ってきた器。

奥の黒い器のチビバージョーン?です。

なかなかいいでしょう?



糸島クラフトフェス

糸島には多くの工房があります。
木工、陶器、ガラス、染織、ジュエリーなどなど。
昔から営んでいらっしゃる方々、そしてこの地に魅せられて
移り住んでこられた作家さん達も多いと聞きます。

そのクラフトマン達の作品を一斉に発表する
年に一度のイベント「糸島クラフトフェス」に行ってきました。

今年は約70軒の工房が参加されているとの事。

今年で5回目になるそうですが、私たちが訪れるのは初めて。

場所は志摩中央公園。

雨の日に、むぎとゆずを散歩に連れいく
屋根が付いた遊歩道がある公園です。




今夜は電車に乗って


公式ガイドブック

富士フイルムよりメールが来ました。

私が愛用しているデジタルカメラ「FUJIFILM X10」の
公式ガイドブックが出来たとの事です。

これが何と!iPad専用公式ガイドでTunes App Storeにて
無料でダウンロード出来るのです。



その『FUJIFILM X10 Photographer's Guidebook』を
さっそくiPadにインストールしてみました。

内容は X10の各種機能のガイド、写真家稲垣徳文氏の撮り下しのギャラリー、
RAW現像ソフ ト「SILKYPIX」でRAWデータを楽しむ為の7つのレシピなど
盛りだくさんです。



機能のガイドはiPadアプリだけあって、付属の紙の使用説明書と比べると
遥かに分かりやすいですね。









稲垣徳文氏の沖縄とニューヨークで撮影された写真も素敵です。



富士フイルム、やってくれるじゃないですか♪


ホークス勝利

昼下がり、デザートにスイカを食べていたら
この方が寄ってきます。



何とも真剣なまなざしです。





そんな時、玄関チャイムがピンポーン!

ご近所の方から「福岡ソフトバンク対千葉ロッテ」戦の
チケットを頂きました♪
本日18時からの試合です。



ホークスファンの妻は「ひゃっほ~!」

さっそく友人のMさんに連絡し
一緒に行くことにしました。

私はむぎ&ゆずと留守番です。



今夜のおつまみは、ちくわとオクラトロロ。





むぎとゆずにはサーモンを焼いてあげました。





ほろ酔い気分でいると、妻が帰ってきました。
Mさんも一緒です。

「3-1」でホークスが勝利したので2人ともご機嫌です。

大好きなMさんの登場で妻達以上にご機嫌になったのがむぎとゆずでした。

人見知りのゆずもMさんには自分から寄って行きます。



3人でホークス勝利の美酒に酔いしれた週末の夜でした。

〆張鶴 純

今夜はほぼ1ヶ月ぶりに「焼き鳥 魁」に。





いつもは生ビール1杯の後で、焼酎にするのですが
この日は何と本日のお品書きにお気に入りの日本酒
「〆張鶴 純」があるじゃないですか!



迷わず注文です♪

「通常はコップになみなみ注ぐのですが
今日は八分目ぐらいの量しか残ってないのですが… 」と
お店の人から言われたのですが、かまいません。
これは半分でもいいので飲みたいお酒です。

上品な含み香、優雅な旨味と洗練された切れ味。

決して出しゃばる事はなく、料理を引き立て、
でも芯は通っている。



最近「魁」で必ず頼む巻物は「豚バラもやし巻き」です。
シャキシャキ感を残した焼き加減のもやしと
豚バラが絶妙に絡み合います。



この日は、日頃頼んだ事のないピーマンと
ミョウガも注文してみました。

「ただ焼いただけと侮る事なかれ!」

いやはや、純米吟醸酒の当てとしては申し分のない一品です。

「〆張鶴 純」が最後の一杯だった事が悔やまれてなりません。





でも考えてみたら最後の一杯で良かったのかもしれません。

「もう一杯!」が出来たら、それを繰り返していた事でしょうから。