むぎかじ日記

ノーフォークテリア むぎ&ゆずとの ワンダフルライフ。

おめでとう、3歳。

ゆずが3歳になりました。

お散歩の時も、ご飯やオヤツの時も
随分、おりこうさんになりました。

でも、妻にべたべたと甘えるのは
相変わらずです。

「三つ子の魂百まで」と言うので
甘えっ子は変わらないかなぁ…。



ノーフォークlunch party

今日はブリーダーさんのお店にいそいそと出掛けました。

そう!本日11月27日は心待ちにしていた
「ノーフォーク・ファミリー・year-end lunch party」の日です。

いつもは広々とした「ドッグハウスすえなが」さんの駐車場も
車でいっぱいです。



会場に入るとそこは「ノーフォークテリアパラダイス」でした。



まろん育ての母さんと、よっこさんの司会進行でイベントが始まりました。



まずはワンちゃんと飼い主さんの自己紹介からです。

私のブログのリンク先の「あずき処」のお地蔵さんとあずきちゃんです。

我が家のゆずが2008年、あずきちゃんは2010年と生まれた年は違いますが
パパワンがリトル君、ママワンがれんげちゃんと同じ両親から生まれた姉妹です。

お会いしたいと願っていたのですが、本日やっと実現しました。

あずきちゃんは元気いっぱいです!



日頃会う機会の少ないノーフォークテリアですが
皆さんの自己紹介を聞きながら、こんなにもたくさんの人たちが
ノーフォークテリアと暮らしていらっしゃるんだと嬉しくなってしまいました。



最初のワンコ達のイベントは障害物競走です。

あずきちゃんも元気に走ります。



むぎも、走る!走る!

妻はゆずをラグビーボールのように抱えて
伴走しています。(笑)





ゆずもダッシュ!ダッシュ!



しかしハイテンションになった妻が
ゴールの前に立ちはだかり、ゆずのゴールシーンは
妻の背中の写真となりました。



ゆず、よく頑張ったね♪



お久しぶりにケイティちゃんファミリーともお会い出来ました。





ランチのお弁当はボリュームたっぷりです。
お味もグッド♪



あずきちゃんと念願のツーショットが撮れました。



そしてリンク先の「犬の床屋 プーチパニック」の
バンバン君も交えてスリーショット。
3人ともリトルパパです。



ノーフォークの輪が広がってますね。



続いてのイベントは「早食い競争」。

我が家の「食いしん坊将軍ゆず」は
スタンバイの前からお皿の中のオヤツに目が釘付けになっていました。



バンバン君のママのバックの中の
プーチパニックの看板犬「ちょびちゃん」も
さすがにオヤツは気になるのでしょうか?



あずきちゃんは余裕の表情ですね。





ランチの後は「障害物競走」の決勝です。
何と!我が家のむぎとゆずが決勝に進出しました。

むぎの応援でテンションが上がってしまい
撮影できたのは、むぎがゴールしたシーンだけ
しかも後ろ姿です。とほほ。



気を取り直してゆずの写真は頑張りましたが…。

親ばかの二人です。



日頃から野山で鍛えているバンバン君も俊足です!



よっこさんさんの伴走でカレンちゃんもダッシュ!



むぎとゆずは8.3秒と姉妹揃って頑張ったのですが
5秒という驚異的な早さの同じ名前の「ゆず」ちゃんが優勝でした。



むぎとゆずが獲得した賞品は
ノーフォークテリアのキーホルダー。
なかなかおしゃれでしょう?




「障害物競走」も「早食い競争」も
ワンコ達の仕草や表情が可愛らしく、和まされるイベントでした。

その後クイズやジャンケン大会と楽しいイベントが続き会場は盛り上がりました。



サプライズで、末永さんの「ハッピーバースデー」があり
ケーキが出てきました。
さすが、まろまり家とよっこさん!
粋な計らいですね。



最後に皆さんとみなワンで記念撮影。

↓ クリックすると大きくなります



楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますね。

今回、我が家は、初めてワンコのイベントに参加したのですが
みんなドッグハウスすえながさんの生まれのノーフォークテリアの集まり。
こんな素敵なイベントはないですよね。

このイベントを企画していただいた、まろまり家、よっこさん
末永さんご夫婦そしてスタッフの方々、お手伝いされた方々に
改めて感謝致します。

ありがとうございました。

また、たくさんのノーフォークテリアと飼い主の方々と
お会い出来る日が事を楽しみにしています。

year-end lunch party

むぎ、ゆず ブリーダーさんからハガキが届いてるよ。

何?何?



「ノーフォーク・ファミリー・year-end lunch party」だって!

これは参加しないと!

むぎ、ゆず 皆さん+皆ワンにちゃんとご挨拶出来るかな?


AirPlay

iPhoneのiPodに音楽を入れるのにiTunesを使っているが
常にバージョンアップしてますます使い勝手が良くなっている。

iTunesがお手軽なので、iMacで音楽を聴く事が増えてきた。
オーディオセットがあるのにその稼働率が低くなっている。
でもiMacの内蔵スピーカーだと、やっぱりBGMにしかならない。

そこでiPad2を購入を機にAppleの「AirMacExpress」を導入した。
AirMacExpressは基本的に無線LANルーターなのだが、
今回の導入目的は音楽をストリーミング配信する「AirPlay」だ。



まず、AirMacExpressのオーディオジャックに
RCA ステレオオーディオケーブルをつなぎ、アンプの入力端子に接続。



次にAirMacExpress本体を電源コンセントに接続する。
私の場合「AirPlay」としてしか使わないのでアンプのスイッチと連動する
アンプの電源コンセントに繋いだ。



後は、iMacでAirMacExpressの設定をすると
「AirPlay」のシステムが出来上がりだ。

iPadのiTunesを立ち上げると、今までなかったスピーカーを選択できるプルダウンメニューが現れる。
ここでAirMacExpressと接続したアンプに繋がれたスピーカーを選択すると
オーディオセットのスピーカーからiTunesの音楽が流れてくる。

◆iPad2のiTunesの音楽~~無線~~AirMacExpress----アンプ----スピーカー◆と言う流れだ。



デフォルトのプルダウンメニューでは「AirMacExpress」となっているが
私の使っているスピーカーがオルトフォンの「concorde1614」なので
その名前に変更した。




これでリビングのソファに座ったままCDを入れ替える事もなく
iPadのiTunesを使ってオーディオセットで音楽を聴く事が出来るようになった。

AirMacExpressをセットすると、iPadだけでなくiPhoneでも
iMacのiTunesでも同じ事が出来るようになる。



例えば「枯葉(Autumn Leaves)」が聞きたいなと思えば
iTunesの検索機能を使うと、すぐさまライブラリーから「枯葉」を探し出してくれる。



しかし私の音楽ライブラリーを全部入れるにはiPadやiPhoneの容量では足らない。

でも大丈夫です。

Appleの提供する「Remote」という無料アプリを
iPad、iPhoneにインストールすれば
iPad、iPhoneからパソコン本体のiTunesを
リモートコントロール出来るようになる。

iPadやiPhoneにCDから音楽を取り込まなくてもパソコンの
iTunesに入れておけばいいのだ。

例えばオーディオセットは1階のリビング、パソコンは2階の書斎にある
と言った場合でも、リビングで2階パソコンのiTunesを操作して
音楽を聴く事が出来る。



iPad、iPhoneからワイヤレス接続で音楽を再生出来るアンプ内蔵スピーカーが
色々発売されているが、結構なお値段なので、
既存のオーディオセットに接続出来る「AirMacExpress(¥8400)」は
非常にコストパフォーマンスが高いと思う。

大川内山

今日は佐賀県伊万里市にある大川内山(おおかわちやま)に行ってきた。

ここは江戸時代より鍋島藩の藩窯が置かれていた地で、
朝廷や将軍、大名などに献上する格調高い焼物が焼かれていた。
これが「鍋島」と呼ばれている。

現在でも藩窯で培われた高度な技法を受け継いだ多くの窯元が軒を連ねている。



歴史を感じさせる窯元の建物や石畳の路地の佇まいが素敵だ。









坂道を登って行くと「鍋島藩窯公園」があった。



人気が無くなったので、むぎとゆずは喜んで駆け出して行く。




ここには藩窯当時の建物が再現されていたり
焼物に描かれる様々な草花が植栽されいるなど
なかなか素敵なところだ。







上に登って行くと大川内山の窯元の眼下に広がる。





苔むした石畳の遊歩道が渋いなぁ。



階段は駆け上がるものと決めているむぎとゆず。
ぜぇぜぇ…。



ぐるりと廻ってまた窯元街に戻ってきた。



むぎとゆずを連れているのでお店に入る時は
妻と代わり番こだ。





今日はお茶碗を2つ買った。
「鍋島藩窯秋まつり」が開催されていたので
とってもお買い得だった。

また来ようね、むぎ、ゆず。


iPad2

外出した時にはiPhone、家の中ではiMac。
なので、iPadを使う事はないよなぁ…と思っていた。

ふとした事で、iPda2を触ってみた。
思ったより軽く、きびきびと動く。

LEDバックライトの9.7インチのディスプレイは
艶かしいほど美しい。

なくても困らないけど、あったらいいよなぁ。

折しもSoftBankの「アレコレソレキャンペーン」の最中。
我が家はWi-Fi環境にあるので、3Gを使わなくていい。
これなら実質、機種代/月×24回でiPad2が手に入るじゃないか!
などとアレコレソレ申し訳を立てて、
我が家にiMac,iPhone に続き「i」の姉妹が仲間入りした。



iPad2」です。
iPad Wi-Fi + 3G 64GBのホワイトモデル。

テーブルの上でiPadを支えているのが
一緒に買ったSmart Cover。
色はグリーン。



想像以上に「iPad2」は大活躍。

今までパソコンデスクにへばりついて行っていた大半の事が
「iPad2」で出来てしまう。
リビングのソファで、二階のベッドの上で。

最初、眉をひそめていた妻も、
すぐに慣れてiPad2をキッチンに持ち込み、
料理のレシピのアプリを開きながら
新しい料理を作ったり、ゲームに興じたり。

でも一番喜んだ?のはこの方でした。



考えてみればテレビ大好きなゆずにとって
跳び付いても届かないテレビよりも
すぐに近づける「iPad2=ミニテレビ」だった。



ゲーム好きの妻の為に、ゲームに疎い私ながら
よく判らないままいくつかのゲームをダウンロードした。

私が「どうやって遊ぶんだろう?」とまごまごしている間に
妻はあちこち触っていつの間にかゲームを始めてる。
「マニュアルが不要」なタイプです。

妻が最初にはまったゲームが「太鼓の達人」

「これはストレス解消になるぅ~」


妻以上に興奮したのがゆず。

どこの家庭でもワンコがテーブルに上がるのは御法度なはず。
我が家も例外ではありません。
それが判っているゆずなのだが、iPad2に近づきたくしょうがない。

後ろ足をテーブルに乗せては降ろす。

この葛藤を乗り越えて立派なノーフォークテリアになるんだよ、ゆず。