むぎかじ日記

ノーフォークテリア むぎ&ゆずとの ワンダフルライフ。

春の抜き抜き

お昼前にドッグハウスすえながさんのところへ。

むぎとゆずの「抜き抜き」だ。

末永さんに「どうしましょう?」と問われ
「お任せします」



夕方、迎えに行くと待ちくたびれていた
むぎとゆずが飛びついてくる。



むぎ!小さくなったねぇ。



帰りに、先日行った「万葉の里」でお散歩。





沈む夕陽が美しい。
海が金色に輝いている。



そろそろ帰ろうか?むぎ、ゆず。




すっきりしたね、
むぎ。



ゆずは疲れたかな?


バルーン

今朝はとってもいい天気♪

空気も澄んでいて遠くの山並みも美しい。



こらっ、ゆず!池に落ちるぞォ~。



ふと見上げると気球が。



ゆっくりと朝日に向かって飛んでいく。




Happy Birthday!

今朝は、お泊まりしたMさんも一緒にむぎとゆずのお散歩だ。



散歩道には春の花が咲き乱れている。



最近、散歩の時のカメラは無精してCanonのコンデジ(PowerShot G11)ばかり。

PENTAXにマクロレンズ付けてくればよかったなぁ。







家に戻ると、今週誕生日だったMさんの為に
妻がケーキを作った。



Happy Birthday!


活きイカ

本日は友人のMさんとOさんが遊びに来る事になっているので
買い出しに出掛けた。

まずは妻が以前から気になっていた
ベーグル専門店「Spoonful THE BAGEL」に向かった。
以前、一度訪ねてみたのだが、すでに売り切れで店じまいだったのだ。
糸島半島の志摩桜井にある。




今日はお昼過ぎに着いたせいか沢山並んでいた。



どれも美味しそうだ。♪



その後、二丈ふれあい土曜夕市へ。
前回、買った活きイカがとびっきり美味しくて
どうしても食べたくて。
今日は出てるかな?

ありました♪

軽トラの荷台に載せられた生け簀から取り出されたイカは
バタバタと跳ねる。
それを活き絞めにしてくれる。
左側が絞められたイカだ。








我が家にやって来たMさん、Oさんにむぎとゆずは
大はしゃぎで疲れて椅子上でZzz~。
ひとつ空けてくれよ。



写真ではよく判らないかもしれないが活きイカは半透明だ。
ゲソも刺身でいける。
Mさん、Oさんも大満足。





ベーグルも美味しい。



スズキもグッド!



糸島づくしの宴だった。


より大きな地図で Spoonful THE BAGEL を表示

春の海

kurumianを出た後は、すぐ近くの引津湾が望める海岸へ。

まずは、むぎとゆずのおやつタイム。



それから我々のランチタイム。



海風が心地よい。

むぎも女座りして海を眺める。



お腹も膨れたので次に船越の「万葉の里公園」へ。





桜の花びらの絨毯がきれいだね、むぎ、ゆず。







穏やかな春の海は心を和ませてくれる。



それ以上に和ませてくれるのは、寄り添うむぎとゆずの姿かな。




より大きな地図で 糸島半島 を表示

kurumian

糸島市街の北側に位置する糸島半島は美しい海岸線や
のどかな田園風景が広がる自然がいっぱいの所だ。

この地には陶芸や木工の工房や雑貨屋、お蕎麦屋、
カフェ、レストラン、ギャラリー、ドッグカフェなど
様々なお店が点在している。

この地に魅せられて移り住んでこられた方々も多いと聞く。

今日はその中の一つ、器と暮らしの物を扱う
kurumian(くるみあん)」を訪ねてみた。

お店は寺山海岸からちょっと入った所にあった。



緑に囲まれたお店はおとぎ話に出てくるお家みたいに愛らしい。



窓から入り込むやわらかな陽射しの中に
素敵な器たちが佇んでいる。













ウェブショップを主体に営業されていらっしゃるので
お店は週末のみに開けていらっしゃる事が多いようだ。
詳しいオープンの日にちはHPで確認出来る。



今回、買ったのは陶芸作家の田鶴濱守人さんのお皿と
コーヒーカップ。(作家の名前を忘れちゃいました。)






このお皿に盛りつけると料理と器がのよさが一段と引き立つ。



小さなジャムを頂いた。
これがとびきり美味しくて、ジャム好きの妻は
来週買いに行こうと言う。



再び訪れたくなる素敵なお店でした。


桜の園

今日は佐賀県唐津市浜玉町平原にある「上護岳(じょうごだけ)桜公園」へ。
友人のMさんも一緒だ。

平原の集落の中にある農道を登って行くと上護岳の山頂だ。
頂上からは遠く唐津湾が一望出来る。



山の斜面には8000本の桜の園が広がる。
あいにく西側の桜は散っていて青葉になっていたが
東側は見頃だった。



お花見と言えばお弁当♪
昨日、夕市で買った食材を使って妻が朝から張り切って作った。
むぎとゆずにも焼きアジがあるよ。



ここは地元の有志の方々が10年を掛けて植樹され整備された。
まだ若木だがこれから永い年月人々を癒してくれるだろう。



↓クリックすると大きくなります



↓クリックすると大きくなります



桜並木の中に作られた遊歩道を辿ると360°桜!桜!桜!







桜三昧の週末だった。
来年もまた来ようね、むぎ、ゆず。



↓クリックすると大きくなります


二丈ふれあい土曜夕市

松国大山桜の後は、「二丈ふれあい土曜夕市」に行って来た。

地元の農家や漁師の方が野菜や魚を持ち寄って開かれる。
生産者直売なので新鮮この上ない♪

場所は二丈町役場の駐車場。
4月から9月は16時から、10月から3月までは15時からだ。

この日は16時から一斉に販売が開始された。





朝掘りタケノコが瑞々しい。



お米や卵、果物に花や饅頭等もある。





あれよあれよと売れて行き、10分もすればあらかた売り切れで
人影もまばらになる。





次に向かったのは自家配合飼料を使ってこだわりの豚を育ててある
いきさん牧場」のショップ。





お肉はもちろん、手作りハム・ソーセージ等が販売されていて
小さなレストランもある。





特にお勧めなのがここの「豚足」。
ちょっと炙って皮をぱりっとさせて食べるのがコツだ。



タケノコを茹でて、魚を捌く。





今宵は糸島の食材づくしの晩ご飯だった。


松国大山桜

午後から「松国大山桜」を見に行った。

「松国大山桜」とは糸島市二丈松国にある大きな一本桜だ。

ドッグハウスすえながさんの近くにあるのでいつも見ているのだが
満開の姿を見るのは初めてだ。

先日、マロン家ご夫婦&よっこさんご夫婦と訪れた
「そば処山崎」さんの敷地内にある。

お店のお客さん以外にも開放されているようで
入り口で「中にどうぞ」とおっしゃる。
ワンコ連れでも構いませんか?とお尋ねしたら
「いいですよ」とおっしゃったので
むぎとゆずを連れてお店の敷地の中に入った。

樹齢160年ほどの山桜は堂々としていて
その枝振りはため息が出るほど美しい。

 ↓クリックすると大きくなります



違った方向から見るとまた別の姿を見せてくれる。

 ↓クリックすると大きくなります



周りの人と比べるとその巨大さがよく判る。
更に遠くから見ると周りの家よりも大きいのだ。





桜がそびえる山肌には遊歩道が巡らされていて
むぎとゆずは探検!探検!





眼下には二丈の平野が広がっている。



我が家から車で10~15分の所にこんな素敵な桜があるなんて!
糸島に引っ越して来てよかったなぁ。


わぉ~ん

我が家の警備副隊長ゆずは
時々サイレンを鳴らす。



お散歩桜

今朝の散歩は糸島の桜の名所「笹山公園」まで。

桜並木の路を登って行く。
春風が心地よい。







何故か上の方の桜はほとんど花が咲いていない。
蕾もなく、ところどころ葉っぱが出て来ているので
開花が遅れている訳ではないようだ。
このまま咲かないのかなぁ。





公園の後は南風台の住宅地に向かう。

朝ご飯に「風の邱」でパンを買った。
ぽかぽか陽気なのでお店の横のテラスで食べることにした。
コーヒーがサービスされるのは嬉しい。





ガールズ達は花より団子だね。






桜街

福岡の街は桜満開です。






美味宴

久しぶりにMさんが遊びに来た。

大好きなMさんの登場で、むぎもゆずも大喜び♪

今宵はお気に入りの「焼き鳥 魁」に行く事にしていたので
早めに予約の電話を入れたら既に予約で一杯だった。

席が空いたらお電話しましょうか?とおっしゃっていただき
お願いする事に。

運良く19時半頃、電話があり、いそいそと出掛けて行った。

焼き鳥屋さんだが、焼き鳥以外のメニューも豊富だ。

まずは本日のおすすめの「鯖の炙り」がトップバッター。

脂がのった鯖が絶妙な炙り加減で唸ってしまう。





豚バラはかかせないメニューだ。



「厚揚げ豚ばら巻き」はお気に入りの一品だ。
どうしてこんなにふんわりと厚揚げを焼けるのだろう?



「豚足」は食べやすいようにバラしてある。
この辺りの気配りが嬉しいなぁ。

初めて頼んだが、これもうまい!
定番メニューに即決だった。



おいしい料理を前にして会話も弾み
またしても長居してしまった。

ご馳走さまでした。

blog 1000 flowers

リンク先のkomkab@Blogさんの記事で
「blog 1000 flowers」という運動があるのを知った。

福岡の里山では柔らかい陽射しのなか
色とりどりの花たちが春風に吹かれ
輝き始めている。

被災地に一日も早く「春」が訪れることを願う。