むぎかじ日記

ノーフォークテリア むぎ&ゆずとの ワンダフルライフ。

わおぉ~ん!


ニラとじ

今夜、妻は女友達2人と飲み会。

久しぶりに自分で晩ご飯を作った。
学生の時、西新の定食屋で初めて食べて以来
大のお気に入りの「豚肉とニラの卵とじ」だ。
卵をとろりと仕上げるのがコツ。

ちなみに天才バカボンのパパの好物は「レバニラ炒め」なのだぁ。




すき焼き

友人のKさんとすき焼きに入れる具材の話になった。

ちなみに我が家は、白菜、長ネギ、糸こんにゃく、えのき茸、
しめじ、椎茸、春菊、豆腐。
とここまではKさんも同じ。
「それに大根と麩」とKさん。
「えっ~大根!?麩!?」
「美味しいって!食べてみてん!」とKさん。

で、入れてみましたすき焼きに大根を。





「うまっ!」これはいけます

次は「麩」に挑戦してみようっと。

粉屋

お昼から、むぎとゆずを留守番させて、久しぶりに妻と外食。
昨日遊びに来たKさんも一緒だ。

向かったのは早良区祖原にある
スパゲッティ&ケーキのお店「粉屋」。

ここのパスタが大好きなのだ!

まずは生ビールで乾杯




前菜もGood 



どれも美味しいが中でも和風パスタはお勧めです。







小戸公園

今日の散歩は小戸公園。
広いところに来るとむぎもゆずも嬉しくてすぐに走り出す。



いつもの追いかけっこが始まった。





公園でお会いしたコッカースパニエルの「トム君」ちゃん。
気品があってとっても大人しいワンちゃんです。
飼い主さん、色々お話をしていただきありがとうございました。




しゃぶしゃぶ

今夜は友人のKさんと、Oさんが来て
「豚のしゃぶしゃぶ」パーティだ。
奮発して黒豚を買ったがこれが美味い!
楽しい宴は時間を忘れさせるなぁ。








かじかじ

今夜はゴミ捨ての曜日。
ゴミ袋にゴミを移していたら
キッチンペーパーの芯が転げ落ちた。

そこに疾風のように現れて疾風のように去って行く黒い影。
その後に続くもう一つの黒い影。

やれやれ。
うちのお嬢達です。

奪い合いをしながらも、最後にはゆずをぺろぺろ舐めて
「ブツ」を譲るむぎ。

そんな姿を見ると
「今日は何であんなつまらない事に腹を立ててしまったんだろう?」と
己の了見の狭さを恥じ入る。




今津運動公園

今日は久しぶりに「今津運動公園」にむぎとゆずを連れて行った。

広々とした公園には秋風が吹き抜け気持ちいい。





むぎもゆずも喜んで走り回る。



まだ1歳にならないゆずだが、むぎより一回りも大きくなった。



でもまだまだ甘えっ子。妻にべったりだ。





今津湾の夕暮れも素敵だった。



CSシリーズ

今週末も「オートキャンプ場 高原の里」に行く予定だったが
天気予報が「雨」だったので断念した。
確かに今朝、雨が降ったのだがお湿り程度。

やっぱり行けば良かったなぁと思ったが、
妻の思いは既にCSシリーズのホークスvs楽天イーグルス戦に。
しかし、必死の応援も空しくホークスは敗れてしまった。
すっかりしょげてしまった妻の目を輝かせてくれたのが
妻の妹からの電話。

妻が以前から食べてみたいと言っていた
「キルフェボン」のタルトをお土産に遊びに来てくれた。
よかったなぁ。(o^<^)o




秋キャンプ 高原の里

10日の土曜日は仕事だったので3連休にはならなかったが
11日も絶好のキャンプ日和。
1泊でも行くぞ!ということで秋キャンプ第2弾。

今回目差したのは大分県玖珠郡九重町の飯田高原にある
「オートキャンプ場 高原の里」

いつも人里はなれた山間部のキャンプ場しか行ったことがない
我が家にとって今回は初めての高原のキャンプ場だ。
いつものように下道をトコトコ走り、お昼すぎに到着。



妻が受付を済ましている間にキャンプ場をチェックしていると
なんと!そよ風さんファミリーがいらっしゃった!

そよ風さんファミリーは10日からの1泊で撤収作業中だったので
残念ながらご一緒にキャンプはできなかったが
短い間だったがお話ができて何よりだった。
むぎとゆずも初対面とは思えないようになついて
可愛がっていただいた。
ありがとうございました。


ここは開放感あふれるキャンプ場だ。
九重連山のいくつかの山々が見渡せる。
そう広くないので炊事場やトイレまでも近い。
フリーサイトなので混雑していなければ思い思いのサイトが出来る。



設営も終わりお腹も空いてきた事だし、まずはお昼に。
今回はサーモンのクリームソースパスタ。
どこまでも広い青空の下、ビールがうまい!



食事が済んで、むぎたちに「散歩に行くよ!」と声をかけると
ゆずは目を輝かせ、むぎは喜んでぴょんぴょんはねる。
ロングリードを付けるとキャンプ場の芝生の上で
追いかけっこが始まった。





キャンプ場を出ると雑木林に挟まれた農道が続き、素敵な散歩コースだ。
高原というと飽きちゃうかなぁと思っていたが、ここは周りにも色んな景色があって楽しめる。



夕焼けが美しい。
都会ではなかなかお目にかかれないシーンだ。



ぼちぼち炭を熾し晩ご飯の準備。





今夜のおつまみは「焼き鳥」だ。
前日、妻が肉を捌いて、せっせと串に刺した。

まずは豚バラ。
そういえば関東の焼き鳥屋には豚バラがないと聞いたが
本当だろうか?
豚バラがないとなると豚足もない?





妻が焼き鳥屋で食べておいしかったという
プチトマトの豚バラ巻きを作ってきた。
豚バラの外側はカリッ!中はふんわり、そして口の中に
トマトの甘酸っぱさがじゅわっ~と広がる。
これは病みつきになりそうだ。



遊びつかれたむぎとゆずはまどろんでいいたが
手羽先の焼ける香ばしいにおいに起きあがった。
大好きな手羽先に、今夜は砂ズリもあるぞ。



焼き鳥の後は牛筋のおでん風。
昨日から家で下湯でして、キャンプ場で炭火で更にコトコトに煮込んだものだ。
ほろほろと口の中でとろける。



お腹も膨れた頃、満点の星空を見上げながら至福の時間を過ごす。

しかし、この夜は冷え込みが厳しく、夜中に寒さで目が覚めた。
インナーマットにマミー型のそこそこの耐寒用シュラフを使っていたのだが・・・。
次回は防寒対策をしなければ。


毎朝5時起きなので、今朝はゆっくり寝ていようと思っていたが甘かった。
早々と目覚めたむぎとゆずが「外に出たい!」とぺろぺろ攻撃。
「わかった!わかった!」

朝霧の中、陽が昇り始め、あたり一面きらきらと輝いている。





空は目の覚めるようなブルーに変わった。



リンク先のkomkab@blogのkomugiちゃんとkab君が
いつもコットの上でおりこうさんにしているのを見ていて
いいなぁと思っていたが、やっと我が家もコットを買った。
むぎはすぐにくつろいでいたが、ゆずはすぐに下りてしまう。
コットの上での「待て」を教えないと。







朝ごはんは昨夜の牛筋おでん風にカレーを加えて
和風カレースープ。炊き立てのご飯に合うんだなぁ、これが!



ここのチェックアウトは11時なのだが、
管理人さんの「ゆっくりいいですよ」のお言葉に甘えて
車ですぐ近くの長者原ビジターセンターまで行ってみた。
いつも横を通り過ぎるだけのところだったが、
湿原もあれば木立の中の公園もありなかなかいいところだ。







キャンプ場に戻って昼ごはんを食べてから撤収開始。
長々とお邪魔しました。

「また来よう」と妻と話しながら帰路についた。


FMトランスミッター

iPhone用のFMトランスミッターを買った。

iPhoneの中のiPodの音楽をFM電波で飛ばし、
車のFMチューナーで再生する機器だ。

接続は至って簡単。
本体のDockコネクターにiPhoneを接続し、
シガープラグを車のシガーソケットに差し込むみ、周波数を合わせるだけだ。

あとはiPhoneの中のiPodを立ち上げて再生すると
カーオーディオからiPodの音楽が流れて来る。
FMトランスミッターはノイズが多いと聞いていたが別段気にならない。
「“超”低ノイズ設計」とうたい文句の製品だが納得出来る。

これでCDを出し入れする手間もなく
手軽にiPodのプレイリストが聴けるようになった。
ついでにiPhoneの充電も出来るのが嬉しい。



新蕎麦

秋といえば「食欲の秋」。
そう!新蕎麦の季節だ。

ということでお気に入りの蕎麦屋「

久しぶりに食べたがやっぱり美味しい。



お店のすぐ上のほうに浜玉小学校の山瀬分校が残っている。
ここは取り壊される運命にあったのだが狐狸庵のご主人たちが
保存されるよう行政に働きかけられて残されたものだ。



帰りに七山村にある手作りハム工房「燻や」に
寄るつもりだったのだが、道を間違えてしまい。
北山に出てしまった。

ここまで来たなら前から気になっていた
古湯の温泉に行ってみることにした。

目指したのは「山あかり」という旅館。
客室はすべて離れとなっていて
各部屋に露天風呂が付いている。
一度は泊まってみたい宿である。
まぁ、むぎとゆずがいるから無理だけど。





今回入った立ち寄り湯もなかなか良かった。



福岡近郊の温泉施設は人気スポットで
どこもお客さんでごった返していて、
お風呂の中も芋の子洗い状態。

ちょっと料金は高いけど旅館の立ち寄り湯のほうが
のんびりできる。

ちなみに料金は¥700。
タオルもドライヤーも完備してあるので
女性も安心です。

愛宕神社

偽妊娠のせいで「子供」が気になるのか
散歩に出ても家の周りから遠くへ行くことなく
すぐに戻ってきていたむぎだが、ようやく症状が治まってきた。

今日は夕方、愛宕神社に連れて行った。
高台にあるので福岡市内が見渡せる。












愛宕神社の後は愛宕浜海浜公園にまで足を伸ばした。





砂浜まで行くとむぎもゆずも喜んで駆け出して行く。
で、砂浜に体を擦り付けまくる。ヽ(  ̄д ̄;)ノ



ゆずは波打ち際まで来たのは初めて。
臆する事なく近づいて行ったが
波が押し寄せてきたらビックリして飛び跳ねていた。



2人仲良く穴堀に夢中だ。
今度から君たちの事を「砂犬」と呼ぼう。





むぎ出産

むぎに二匹の赤ちゃんが生まれた。
名前は「ボール」と「ぐるみ」だ。
性別は不明。

週の初めから何だかむぎの様子がおかしい。
情緒不安定でやつれた感じ。
いつもの行動パターンをとらない。
例えば妻が帰ってきたら喜んで玄関までお出迎えにくるのに
出てこなくて、北側の部屋のソファの上に寝そべったままだったり、
「むぎ、ご飯だよ~」と言うとどこに居ても来てたのに来ない。

心配になってかかりつけの動物病院に連れて行ったが
むぎは病院に行くと「先生が好きです、でも看護婦さんの方がもっと好きです!」状態になる。
診察台に乗ったらシッポはプロペラ状態で
先ほどまでの情緒不安定な姿は見せる事なく
先生も「う~ん、一日様子見てみましょう」と言う事になる。

どうしたんだろう?と気をもんでいると
妻がぽつりと「これって偽妊娠じゃない?」

そうか!そういえば

  ぬいぐるみをくわえてきては自分のベッド、ソファ、布団などを
  執拗に掘っている。

  オモチャではあまり遊ばないのにボールとぬいぐるみを肌身離さない。
  しかも優しく舐めている。
  時々後生大事にお腹の下に入れている。

  ゆずが横取りに来たらすぐに与えてたのに渡さない。

  試しに取り上げてみたらすぐに取り戻しに来る。などなど。

そんなむぎの姿を見ているとますます愛おしくなった。



芋つる

家庭菜園で野菜作りに励んでいらっしゃるFさんから
またまた、たくさんの野菜をいただいた (o^-^o)

早速その中から妻が作ったのが「芋つるのきんぴら」。

お酒の肴でも、ご飯のおかずでもいける。

「芋つる」ってしみじみうまいなぁ。