むぎかじ日記

ノーフォークテリア むぎ&ゆずとの ワンダフルライフ。

すたこらさっさ

今日も快調に散歩に出かけるむぎ。







公園では子供達にいじくられまくりだ。





一体何のにおいがしてるんだろう?



前方にワンコを見つけると、おすわりをして待つむぎ。



ワンコが怖いワンコだったので避けられてしまった。
それでもめげないで次のワンコも待つんだよね。







おもちゃ

むぎは買ってあげたおもちゃではあんまり遊ばないけど
こんなものがお気に入りだ。
家計に協力してくれてるのかな?




遊び疲れてすやすやzzzz



今日のお昼は冷やし中華。
むぎには豚肉をあげた。







散歩写真

近所の家庭菜園では夏野菜が花を咲かせている。
中でも、オクラの花は清楚だ。


















トミタ

そろそろ、むぎをシャンプーしてあげないといけない頃だ。
「今回はプロにお願いしよう」と言うことで
ブリーダーさんの所に連れて行った。
本日のお出迎えは可愛いチワワ達。






帰りに前原市波多江にある「ケーキハウストミタ」に寄った。
最近、ツマのお気にお気に入りの店だ。
妻曰く「ここのケーキ、全部食べ尽くしたい!」と。
うーむ。








靴下泥棒2

追いかけるとぎりぎりまで待っていて
捕まりそうになると素早く身をかわす。
遊んでやっているつもりが
こちらが遊ばれてるなぁ。


080824_1057~0001

晩夏

ここ数日、朝晩涼しかった。

ちょっとだけ秋の気配。


080823_1813~0001


いちじく

9時過ぎに佐世保を出発して一路福岡へ。
伊万里市に入った頃から雨が降り始め
前が見えないくらいの豪雨になった。
激しい雨にむぎはビビり気味。

福岡に着いてからも雨は激しく、
今日遊びに来ることになっていた
Mさんから「今日はみあわせようか?」とメールが。
でも次第に小降りになり、Mさんが来ることに。

疲れて眠りこけていたむぎは「ピンポーン♪」の音に
跳ね起きて大好きなMさんに飛びついて行く。

いちじくと生ハムの前菜を皮切りに
3人で食べた!食べた!飲んだ!
飲んだ!



ラブ

実家には7歳になるメスのマルチーズ「ラブ」がいる。
とても愛くるしい顔立ちで、おとなしい。
ただほかのワンコと接する機会が少ないせいか
ワンコが苦手だ。
で、むぎは大のワンコ好き。
ラブに「遊ぼう」とまとわりつくのだが、
ラブは迷惑顔で相手にしない。
それでもむぎが追い回すので逃げ回っていた。




2匹一緒に散歩に連れて行った時は
むぎはくんくんに忙しくストーカーしなかったなぁ。


080815_1904~0001

佐世保バーガー

昨夜は妻の実家にお盆参りに行き、
今日は私の実家がある佐世保に里帰りだ。

お昼頃、佐世保に着いたので、昨年食べて美味しかった
佐世保バーガーの店でハンバーガーを買って帰ることにした。
幹線道路から入り込んだ所にある穴場の店だ。
ところが店の前には県外ナンバーの車が多く停まっていて
多くの人が並んでいる。
聞くと1時間待ちと言う。
炎天下の中1時間も待てない!とあっさり断念。
佐世保バーガーも有名になったなぁ。

豚の耳

今日から私はお盆休み。
妻は今日まで仕事。
むぎと留守番だ。

先日ブリーダーさんに頂いた「豚の耳」をむぎに
あげてみたらしっぽ振り振りでかじりだした。



今日のお昼は「アンチョビーとガーリックのスパゲッティ」
アンチョビーとガーリーックはアボガドにかけて食べても
美味しい。






夕立

雨上がりの夕方、3人で散歩に出かけた。



散歩道にある田んぼの稲にも恵みの雨だった。



そのまま近くにある妻の実家に遊びに行く。
妻の実家には3歳になるオスのミニチュアシュナウザー「勘太郎」がいる。
むぎが大好きなお兄ちゃんだ。
むぎが調子に乗ってダブルパンチを繰り出しても
じっと我慢して遊んでくれるいる優しいワンコだ。





すぐに帰るつもりだったが、結局いろいろ美味しいものが出て来て
満腹、満腹!
ご馳走さまでした、お母さん。




粉屋

昨日、宮崎から姪っ子が彼氏と一緒にやって来た。
マリンメッセで開催される「B'z」のコンサートに来たのだ。
実は妻も大の「B'z」ファン!
3人でマリンメッセに乗り込んだ。
私とむぎは留守番。

我が家に戻って来た3人は相当ハイテンションだったなぁ。
つられてむぎもはしゃぎ回っていたけど。

今日は姪っ子たちを早良区西新(正確な住所は祖原)の
私のお気に入りのスパゲッティとケーキの店「粉屋」に連れて行った。
むぎは一人でお留守番だ。



満席でしばらく待たされたが、この店のパスタを食べるために
待つことは苦にならない。
「粉屋」の自家製生麺はもちもちとしていて
乾麺とは違った独特の食感がある。
どのパスタも美味しいのだが、うまみが濃縮されたトマトソースと
天然のだしが引き立つ和風ソースが私の一押しだ。

本日の私のオーダーは「おつまみセット」。
アンティパストとお好きなパスタと好きなアルコールのセットだ。
アンティパストをつつきながら赤ワインをちびりちびり。



頼んだパスタは和風ソースのペスカトーレ。
和風だしにアサリのだしがとけ込んで絶妙な旨味だ。



トマトとチーズ大好きな妻がオーダーしたのは
「モッツァレラチーズとトマトソースのフェトチーネ」。
少し取り分けてもらって食べてみたが、モッツァレラチーズとトマトソースが
妖艶に絡み合ってこれは絶品!
思わず「変えっこして!」と言いたくなった。



姪っ子が頼んだのは「季節の野菜のトマトソース」。
彼氏は「ホウレン草とベーコンのエッグクリームソース」。





どちらもボリュームたっぷりだ。
久しぶりに「粉屋」のパスタを堪能した。


着メロ

そのクライアントとの打ち合わせは
いろいろあって初回から気まずい雰囲気だった。
本日、2回目の打ち合わせが始まって間もなく
私の携帯が鳴り始めた。
しまった!マナーモードにしておくのを忘れていた!
着信音を切るのに手間取ってしまい
しばらく携帯の着信メロディが流れた。
「すみません」と謝る私。
ところが、クライアントの口元が緩み
「いい曲ですよね。その曲大好きなんですよ」
それからは曲とピアニストの事に話題が移り、その場の雰囲気が和んだ。

携帯の着信メロディにしていたのは「ワルツ・フォー・デビイ(Waltz For Debby)」
作曲したのはジャズピアニストのビル・エヴァンス(Bill Evans)。
ニューヨークのジャズクラブ「ヴィレッジ・ヴァンガード」での演奏が有名だ。
その時のライブアルバム「ワルツ・フォー・デビイ」で繰り広げられる
リリカルで、かつスインギーなビルのピアノと
天才ベーシスト スコット・ラファロのインタープレーは鳥肌が立つ。

ジャケットのデザインと
1961年の録音とは思えないほどの
臨場感あふれるサウンドも秀逸だ。



やんばる島豚

快気祝いでもらったギフトカタログで
頼んでいた沖縄の「やんばる島豚」が届いた。

さっそく冷しゃぶにしてみた。
脂身がほんのり甘く柔らかで上品な口当あたり。
最近の我が家のブーム、「オクラ入りおろしポン酢」で
食べると一段と美味しい!






涼風

ブリーダーさんの所に行ってむぎの毛を
更に短くしてもらった。



お店に飾ってあるノーフォークテリアの絵と置物。





すっきりしたむぎを連れてまた野河内渓谷に行った。

前回見つけた「狐の剃刀」がたくさんの蕾をつけていたので
花を咲かせている頃かと楽しみにしていたが無くなっていた。
心ない人が持ち去ったのかもしれない。





渓谷の近くにある自家製酵母パンの店「TENビレッジ」で買って来た
ピタパンサンドを渓流の岩に腰を下ろして頬張る。
渓流沿いの涼風が心地よい。



カメラが小さく軽くなったので首から下げていても
苦にならないなぁ。




遊び疲れたむぎは家に帰るとすぐにZzzz