むぎかじ日記

ノーフォークテリア むぎ&ゆずとの ワンダフルライフ。

むぎと出会った

引越し日は8月12日に決めた。

早速、ブリーダーさんのところに行った。

「ちょうど7月3日生まれの女の子がいますよ」と
子犬を出してきてくれた。
それが「むぎ」との最初の出会いだった。



お母さんワンコも見せてもらった。
断尾していないノーフォークを見るのは初めてだった。



 
 

070728 お母さん 



我々をじっと見つめる姿がいじらしく
この子に決めた。

契約

朝から、知り合いの不動産会社の人に紹介された物件を見に行った。
築年数が古いマンションだったが、ペット飼育は1匹だけという条件が多い中、犬を2匹まで飼えるということでここに決めた。
犬と一緒に暮らせるなら、雨風しのげればいい。

午後から売買契約。
今度は地震もなく無事終了。

春がきて

地震のあとマンション見学者は皆無になったが
あれから2年以上が過ぎた今年の春から、また見学者が増え始めた。

6月にブリーダーさんのところに行って、2匹のノーフォークの赤ちゃんを見せてもらった。
このまま連れて帰りたかった。 

二匹の赤ちゃんノーフォーク 

そしてようやく、マンションが売れることになった。
これでやっとのフォークテリアと暮らせるんだ!


ノーフォークテリアと出会った

ネットで検索していると、なんと我が家から車で30分くらいのところにノーフォークテリアのブリーダーさんがいらっしゃることがわかった。

早速お伺いし、生後2ヶ月位のノーフォークテリアを見せていただいた。
初めて、実際のノーフォークテリアを見て、その可愛さに
感動!
飼う犬種は絶対ノーフォークテリアだと決めた。


夢破れる

休日になるとにマンションを見学に来る人が増えた。
その度に掃除をし、部屋をぴかぴかにしていた。

そんな中、ようやく購入希望者が現れ契約日が決まった。
これでやっとノーフォークテリアと暮らせると妻ともども大喜び!
前祝をした。

契約の日、サインをし、捺印した。
あとは購入される方がサインと捺印するだけだった。
その時、不動産会社の建物が大きく揺れた。
尋常ではなかった。
後に福岡西方沖地震と呼ばれることになった震度6弱の大地震だった。
契約は一時中断し、購入者にもう一度部屋を見てもらうことになった。

部屋は80kgもあるテレビがひっくり返り、食器が粉々に割れ、本棚の本やCDが一面に散乱していた。

ショックだった。
ものが壊れたことではない。
これで契約が流れノーフォークテリアとの暮らしが遠のくことだった。
案の定、契約は流れた。




ペット禁止

どうしても犬が飼いたい。
しかし、住んでるマンションはペット禁止。
ならばこのマンションを売ってペットが飼えるところに引っ越すしかない。

マンションを売りに出した。 
2004年12月のことだ。

それからというもの、休日ごとにあちこちのペットショップに行き、いろんな犬を見てまわった。

そんな中、インターネットで「ノーフォークテリア」という犬の存在を知った。
しかし、ノーフォークテリアはペットショップでお目にかかることはないらしい。
それからというものノーフォークテリアを飼ってらっしゃる方々のホームページやブログを拝見し、ノーフォークテリアの魅力にはまっていった。


はじめに

ノーフォークテリア「むぎ」と暮らし始めてしばらくたって、ブログを作ろうと思い立ち、日付をさかのぼって記事を書くことにしました。

拙い内容ながら「むぎ」の成長記録を綴っていこうと思います。